ART TRACE GALLERY

past

生きていたら見た風景

The scenery which I saw if I was alive

工藤春香 Haruka Kudo

 

2017年06月09日(金)~6月20日(火) 12:00-19:00 会期中休廊日なし

June 9 – June 20,  2017 12:00-19:00 Opens throughout the period

 

★オープニングパーティー 6/10(土) 16:00~20:00

Opening Party June 10,  2017 16:00-20:00

作家とお客様とささやかなパーティーをします

 

★トークイベント 6/17(土) 17:00~19:00

Talk event June 17,  2017 17:00-19:00

入場料500円(ワンドリンク付き)
ゲスト 岡原正幸 先生
「アートベースリサーチについて、優生思想について(仮)」

岡原正幸
1957年東京都生まれ 慶應義塾大学文学部教授 Keio ABR主宰 専攻は感情社会学、パフォーマンス研究、障害学およびアートベース・リサーチ。個人やコミュニティをエンパワーする社会学として、演劇、アート、文学、サウンド、パフォーマンスなどを諸研究のアウトプットとする社会的な介入を推進している。オルタナティブ社会学会(2013年)、Keio ABR フェスティバル(2017年)などのイベントプロデュースも多い。
著書に『生の技法~家と施設を出て暮らす障害者の社会学』(藤原書店 1990年 生活書院 文庫版 2012年)、『感情の社会学~エモーション・コンシャスな時代』(世界思想社 1997年)、『ホモ・アフェクトス~感情社会学的に自己表現する』(世界思想社 1998年)、『黒板とワイン~もう一つの学び場「三田の家」』(慶應義塾大学出版会 2010年)、『感情資本主義に生まれて~感情と身体の新たな地平を模索する』(慶應義塾大学出版会 2013年)、『感情を生きる~パフォーマティブ社会学へ』(慶應義塾大学出版会 2014年)、『対立を乗り越える心の実践』(大学出版部協会 2017年)、『哲学 特集アートベース社会学』(三田哲学会 2017年)など

  

マーガレット・サンガー
マーガレット・サンガー / 2017 / 455mm×380mm / キャンバス・油彩

 

自分が妊娠し出産することになり、私は自分の価値観と向き合わざるをえなくなった。「健康な子が産まれて欲しい。」
そう思った時、自身の差別意識に気がついた。同時に身近で起こった子殺し事件のことも思い出した。
その母親はなぜ産まれて間もない赤子を殺したのか。なぜ赤子は殺されたのか。殺した母親も殺された赤子も自分の一部のような気がした。
 あらゆる価値観は空気のように漂っていて、無意識のうちにいつの間にか内面化され、それが当たり前となって疑問すら持たないようになる。
日本に「優生学」に基づいた国民優生法が成立したのが1940年。
1948年に優生保護法が施行され1996年になるまで優生学的思想に基づいて規定されていた強制断種等に係る条文は残ったままであった。
家庭内と国策とは一見かけ離れているように見えて、空気のようにじわじわと個人の価値観に影響を与え「あるべき家庭像」を無意識のうちに作りあげる。
 
本展では「優生保護法」成立の経緯と「伝えることができない側」の視点で会場を構成する。

  

Haruka kudo WEB SITE http://tatsuy1.wixsite.com/haruka-kudo

 

 

★作家略歴

■略歴
1977年 東京生まれ
2002年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業 現在東京在中
 
<主な個展> 
2016年 「紀元二六〇〇年ー西暦2020年棄てたのは私、棄てられたのは私」HIGURE17-15cas
2014年 「あしもとの正体」ARTTRACE gallery
2014年 「不安定なエネルギー」馬喰町ART+EAT
2012年 「生きている」馬喰町ART+EAT
2010年 「補陀落」 unseal contemporary
2010年 「漂流」port gallery (kotobukiクリエイティブアクション)
2009年 「新しい島」 墨東まち見世ロビー内
2008年 「川の中の山山の中の川」 unseal contemporary
2008年 「ラブレターフロム穴凹」 トーキョーワンダーサイト本郷

<主なグループ展>
2015年 「観察・反応・拡張」ARTTRACE gallery
2014年 「反戦 来るべき戦争に抗うために展」SNOW Contemporary
2011年 「おまえはどうなんだ?展」松の湯二階
2011年 「第一回アジアンアートウェイイン上海」 中国・上海
2009年 「柔らかな器~感覚の境目を行き来する6人の作家達」(作家自主企画)松の湯
2006年 「イタヅ・リトグラフ版画工房展」DELL GALLERY QUEENSLAND COLLEGE OF ART(オーストラリア) 
2006年 「トーキョーワンダーウォール入選者展」(東京都現代美術館)
2005年 「VOCA 展2005」 上野の森美術