ART TRACE GALLERY

upcoming

林雅子「ボーダーランド / the Borderland」

Masako Hayashi “the Borderland”

2019年3月16日(土) ~ 2019年3月26日(火) 12:00-19:00 休廊日なし
March 16 – 26, 2019  12:00-19:00 Opens throughout the period


あなたの背の温かさを覚えている 2019 パネルにアクリル絵具、メディウム 140 × 180 mm

 

この度、アートトレイスギャラリーにて、林雅子個展「ボーダーランド」を開催いたします。ボーダーランドとは、曖昧な境界の領域を表します。土と川、内と外、人であること、存在しなくなること。近年制作しているランドスケープや石塊をモチーフとした作品に仮託して、不確かな境の有り様をたどります。

 

Masako Hayashi has been creating paintings and drawings which have motifs of landforms, celestial bodies and plants. In this exhibition, she focuses on the vague borders about lands, species and the definition of existence, and tries to explore such ambiguous states through her works.

 

■作家略歴

林雅子 / Masako Hayashi

1979生まれ、東京都在住。2002年、早稲田大学人間科学部人間基礎科学科卒業。文化人類学を軸に、社会学、認知心理学、生物学を横断的に学ぶ。2003年より作品を発表。主な展示に、「Limited Vision -Tokyo edit」Art Trace Gallery・3331 アーツ千代田(東京)、「Limited Vision -Wroclaw edit」ブロツワフ国立音楽フォーラム(ポーランド・ブロツワフ)2018年、「Double Line」Neon Gallery(ブロツワフ)、「檸檬は爆発の時を待っている。」馬喰町ART+EAT(東京)、個展「私と彼女のブリコラージュ」caikot(東京)2017年、個展「フラクタルのポリフォニー」Art Trace Gallery(東京)2016年、「形象への眼差し、光景の眺め」Art Trace Gallery(東京)2015年、「ワンダーシード2008」トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)2008年、週末芸術vol.4 個展「雲路を渡る」HAT(栃木)2007年、等。

 

Born in 1979, currently lives and works in Tokyo, Japan. Bachelor of Human Science, Waseda University, Tokyo in 2002. Her recent exhibitions include “Limited Vision -Tokyo edit” Art Trace Gallery, 3331 Arts Chiyoda (Tokyo), “Limited Vision -Wroclaw edit” National Forum of Music Wroclaw (Wroclaw, Poland) in 2018, “Double Line”Neon Gallery (Wroclaw), ”The lemon has been waiting for the time to explode” Bakurocho Art+Eat (Tokyo), personal exhibition ”Bricolage of me, of her” caikot (Tokyo) in 2017, personal exhibition”Polyphony of Fractals” Art Trace Gallery in 2016、”Art Trace Gallery 2015 group shows vol.2” Art Trace Gallery in 2015,  “Wonder Seeds 2008” Tokyo Wonder Site Shibuya (Tokyo) in 2008, personal exhibition “Pass over the route in the clouds” HAT (Tochigi) in 2007.

 

■作家Webサイト

http://www.masakohayashi.info/
https://www.instagram.com/masakohayashi_art/



広瀬真咲 個展 [ 生態学4 meta + pulse ]

Masaki Hirose one-man show ” Biology4 meta + pulse”

 

2019年2月16日(土) 〜 3月12日(火) 12:00-19:00 水曜休廊

February 16 – March 12, 2019 12:00-19:00 Closed on Wednesday

 

 

水たまりに足をとられたペンギン

“水たまりに足をとられたペンギン” アクリル、ミクストメディア / 606 x 500mm / 2018

 

生物の祖先は一つであり、我々は同じDNAを共有している。永い時間をかけて、進化してきた。あるものは、独自の姿を遂げ、あるものは融合し、またあるものは、別離の道を歩んだ。そして今、我々の体という形がある。

脈拍(pulse)がある。現在からおよそ4年位前までの記憶の中から、それを拾い上げようとした。今となってはノイズが走り、一部に靄がかかり、あるいは欠損し、また別の思念が入り込み、うまく思い出すことができないのだが・・

 

<付帯イベント>

[ Metaction Ⅱ 極めて短い時間 ]
2019年3月3日(日) 17:30-20:30 入場料:1000円

Ⅰ.トーク「パフォーマンス・アート・フェスティバルとは?」 17:30~
プレゼンテーター:北山聖子、清水恵美
世界各地のパフォーマンス・アート・フェスティバルで活躍し、自身でも
Responding International Performance Art Festivalのオルガナイザーを
務めた北山聖子、清水恵美による活動報告。

Ⅱ.パフォーマンス・アート 18:10~
出演:関谷泉、手塚雄大、北山聖子、広瀬真咲、清水恵美、安達修
出演者1人につき20分程度の持ち時間で、順番にパフォーマンス・アートを行います。

 

[広瀬真咲 ソロパフォーマンス meta + pulse] 
2019年3月10日(日) 19:00-20:00 入場料:1000円
広瀬真咲ソロパフォーマンスイベント。1時間程度のパフォーマンス。
不安な夜が眠れない。夜の時間て何だろう?

*両イベント途中入退場可、予約不要

★パフォーマンス・アートとは、作家自身が観客の前でコンセプトを直接表現する、比較的新しい芸術手段です。
日本のアートシーンでは昨今メジャーに取り上げられることの少ない一方で、世界各地では熱を帯びてパフォー
マンス・アート・フェスティバルが開催されています。ものをつくらない、展示をしない芸術とは?本展のサブ
タイトルである、meta + pulse (変容と脈拍)の実践を行い、時間軸のある作品をあなたの前に提示します。

 

 

作家略歴

広瀬 真咲 / Masaki Hirose

http://biologyofmasaki.blog.fc2.com/

学歴
2008 東京造形大学絵画専攻卒業

個展
2017 「生態学3 原初の大海」Japan Creative Arts Gallery、東京
2017 「生態学2 サボテンのDNA」masuii R.D.R gallery、埼玉
2016 「生態学」ART TRACE GALLERY、東京

フェスティバル、イベント、グループ展
2018 「3331 ART FAIR」3331 Arts Chiyoda、東京
2017 「open time」ART TRACE GALLERY、東京
2013 「EXTRA! International Performance Art Festival」Academia de San Carlos、メキシコシティ
2012 「第5回おてらハプン!」日照山東光寺、滋賀
2011 「ニパフ パフォーマンスアート交流プロジェクト」インド、バングラデシュ
2011 「日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル」Die Pratze、東京
2010 「Crazy Wisdom 2010_Tour」 Inchon Art Platform、Gwangiu City museum、韓国
2010 「TIPAF-THEATER PIECE」牡嶺街小劇場、台湾

レジデンス
2015 「[R.A.T.] Residencias Artisticas por Intercambio」メキシコシティ

 

Living things have one ancestor. We share same DNA. We had been evolved for a long time.
One become original form, one assimilate another and one went to different way. Then we have a body form now.
There are a pulse. I try to pick up it from my memory between present to 4 years ago.
I cannot remember it clearly ――― It has noise, a part of hazy or lack and another think infiltrates.

 

“Metaction Ⅱ moment”
Date: 3rd.(sun) March, 2019
Time: 17:30-20:30
Admission: 1000 yen
Ⅰ.Talk & presentation 17:30~
“What’s performance art festival?”
Seiko Kitayama, Megumi shimizu
Ⅱ. Performance art 18:10~
Izumi Sekiya, Takehiro Tezuka, Seiko Kitayama, Masaki Hirose, Megumi Shimizu, Osamu Adachi

“Masaki Hirose solo performance meta + pulse”
Date: 10th.(sun) March, 2019
Time: 19:00-20:00
Admission: 1000 yen

* no need reservation, everybody welcome.

Performance art is one of new art genre, artists express directly in front of audience. It isn’t major in Japan art scene nowadays,
on the other performance art festival hold heatedly everywhere in the world. What’s performance art? It is art but do not make
things and do not exhibit. We’ll show “meta + pulse” and present time axis art works.

 

Masaki Hirose
C.V.

Education
2008 Tokyo Zokei University, B.F.A

One-man show
2017 “Biology3 Origin Ocean” Japan Creative Arts Gallery, Tokyo
2017 “Biology2 Cactus DNA” masuii R.D.R gallery, Saitama
2016 “Biology” ART TRACE GALLERY, Tokyo

Festival, event & group exhibition
2018 “3331 ART FAIR” 3331 Arts Chiyoda, Tokyo
2017 “open time” ART TRACE GALLERY, Tokyo
2013 “EXTRA! International Performance Art Festival” Academia de San Calros, Mexico City
2012 “Otera Happen! vol.5” Nisshozan Toko temple, Shiga
2011 “NIPAF Performance Art Exchange Project” India, Bangladesh
2011 “Nippon International Performance Art Festival” Die Pratze, Tokyo
2010 “Crazy Wisdom 2010_Tour” Inchon Art Platform & Gwangiu City museum, Korea
2010 “TIPAF – Theater PieceⅡ” Guling Street Avant-garde Theatre, Taiwan

Residence
2015 “[R.A.T.] Residencias Artisticas por Intercambio” Mexico City