ART TRACE GALLERY

upcoming

作家と本棚

Artist & bookshelf

 

広瀬 真咲 Masaki Hirose
太田 翔 Tsubasa Ota
田尻 健二 Kenji Tajiri


2019年10月2日(水) – 10月9日(水) 12:00-19:00 会期中無休
October 2 – October 9, 2019 12:00-19:00 Opens throughout the period

 

作家と本棚 DM画像

Author: 太田翔 (Tsubasa Ota) / 本棚 / 2019 / 100mm×148mm

 

 

友達の家に遊びに行った時、ヒトの本棚を見てわくわくした記憶がある。 本棚にある本は、そのヒトの知らない一面を垣間見たり、また、自分にまったくなかった視野を与えてくれる刺激がある。ましてや、創作活動を行う作家の書斎にはどんな本が眠っているのだろうか。本展では作家の創造物である作品と共に、彼らの本棚を提示することで、 通常の展覧会にはない視覚を啓くものである。
(全体企画/広瀬真咲)


本棚には持ち主の精神内界が色濃く反映され、それゆえ他人の本棚を覗くことは、思考その 他の精神内界に触れることにも通じる。そこでこのような本棚の作用を更に拡張するものとして、精神分析の「自由連想法」を援用した作品の展示を試みる。
(小展示室企画/田尻健二)

 

★イベント
10/5(土) 17:00~お茶会(レセプション)
     18:00~18:30 広瀬真咲茶会二芸*本棚に棲む鳥*
     (ソロパフォーマンス、リーディング。太田翔の人形との共演。)
     *予約不要

10/6(日) 14:00~16:00 自由連想法ワークショップ
     自由連想法を取り入れた集合的な物語(神話)の創造を試みる
     (ゲストファシリテーター:斉藤正勝氏 / 理論的説明:田尻健二)
     *要予約、定員9名、予約申込先:atelier-motif@mg.point.ne.jp(担当/田尻)

     (イベント両日いづれも入場無料)

 

★作家略歴

 

広瀬真咲 Masaki Hirose
http://biologyofmasaki.blog.fc2.com/

1984年 埼玉生まれ。東京造形大絵画専攻卒。在学中、南米民俗音楽に出会ったことがきっかけでパフォーマンス・アートをはじめる。ものという実体ではなくプロセス自体が作品となるこの表現に面白さを見い出す。卒業後国内外のパフォーマンスフェスティバルに出演。20代後半から再び絵画に向き合う。最近は立体制作も再開。生態学と称し個展を開催。読書は歴史や生物関連が多い。本を読んだり、日常生活を送る中で言葉にできないような、気になったことを自分の中に複数ストックしておき、その本質や起源を考える。あるいは調べる。または作品として実行する。ある時分子生物学の本を読み、あらゆる生物が同じDNAを共有していることを知り驚く。


太田翔 Tsubasa Ota

https://hnaoto.com/hism/otatsubasa.html

1982年 東京生まれ。 幼少のころから怪獣など異形の存在に興味を持ち、解剖学や生物学に影響を受けて骨格や消化器官を持つ架空の生物の立体などを製作する。


田尻 健二 Kenji Tajiri

https://photographer-kenji-tajiri.site/portfolio/

1966年 北海道生まれ。京都造形芸術大学在学中。幼少期より画家の親戚の多大な影響を受けながら育つ。2013年より写真を主なメディアとしつつ、人文科学全般に関心を示し、そこから得た知見を元に毎回新しいコンセプトによる作品を制作し続けている。近年は展示自体の構造面や、造形芸術と他のメディア、特に舞台芸術との関連性に関心を抱いている。また彼の写真はよく絵画的と称されるが、それは幼少期から培われた構図その他の感性が無自覚にも反映されたものに違いない。



朝を追う / 夜を逃がす

Chasing dawns / Releasing nights

 

植野 智子 Tomoko Ueno
清水 梨沙 Risa Shimizu
杉内あやの Ayano Sugiuchi
山内 賢二 Kenji Yamauchi

 

2019年10月13日(日)-10月27日(日) 12:00-19:00 水曜休廊
october 13 – october 27, 2019 12:00-19:00 Closed on Wednesday
★オープニングパーティー 10月13日(日)18:00 –
Openning Party october 13 18:00 –

 

清水梨沙 untitled 2019 アクリル、ジェッソ、糸 158×227×18mm 

 

ART TRACE GALLERY の有志で行われるグループ展(全5回)の第3回を開催いたします。
 
本展は、絵画や彫刻を制作するうえで当然はたらくイメージを追い求める力と、それとは反対に、しかし同時に立ち上る、秘匿しようとする力を巡る展覧会です。
 
幾何学的なパターンを用いながら、不思議な奥行きを感じる絵画空間を立ち上げる清水梨沙
モノトーンを用いつつも豊かな色彩や生命に対する思索に富む作品を、平面や立体を軽々と横断しながら、その都度実現する植野智子
抽象的な形態を用いて、知覚や記憶についての問いかけを石に刻みつける杉内あやの
人が世界を認識するうえで捨象されるべき「部分」を多層・重層化し、揺さぶりをかける山内賢二
 
作品として決定され現れたものから、4名の作家それぞれの、「逡巡の作法」とも呼ぶべきものの気配を感じ取っていただければ幸いです。
 
 
★作家略歴
 
植野 智子 Tomoko UENO
https://www4.big.or.jp/~ogallery/ (Oギャラリー ウェブサイト)
2001  武蔵野美術大学通信教育部美術科 卒業
 
主な展示
2002/’04-’06/’09/’11/’13/’15  個展 ( Oギャラリーup.s / 銀座、東京 )
2002   ノーボーダー展 ( 高知県立美術館企画展 )
2007/’09/’13/’19  個展 ( ギャラリAO / 神戸 )
2010   我孫子国際野外美術展招待出品 ( 我孫子 / 千葉 )
2013-  カダケスミニプリント展 ( カダケス / スペイン )
2015   台湾国際版画ビエンナーレ
2016/’17  CAF.N展 ( 埼玉近代美術館 )
2018/’19  南島原セミナリヨ朝日新聞社、読売新聞社賞
2018   105°展 ( ART TRACE GALLERY / 両国、東京)、現在進行形野外展 ( 原峰公園 / 西東京 )
2019   CAF.N 交流展 ( グアナファト / メキシコ ) 
他多数
 
 
清水 梨沙 Risa SHIMIZU
2018   女子美術大学洋画専攻 卒業
 
主な展示
2017   まにまに展 ( gallery NIW / 江戸川橋 )
2018   さいころ展  ( YELLOW HOUSE / 日本橋 )
2018   奥野ビル夏祭りうちわ展 ( 銀座モダンアート / 銀座 )
2019   つれつれ展 PART1 ( DESIGN FESTA GALLY / 原宿 )
2019   つれつれ展 PART2 ( DESIGN FESTA GALLY / 原宿 )
他多数
 
 
杉内 あやの Ayano SUGIUCHI
2013 武蔵野美術大学大学院彫刻コース修了
 
主な展示
2013  個展「遠くのはじまり、ちかくのおわり」 ( 人形町 Vision’s / 東京)
2014-  藤垈の滝 大窪いやしの杜公園にて常設作品展示 (山梨県)
2015-  武蔵野美術大学助手研究発表 ( 武蔵野美術大学 / 東京)、友達 ( バロンデッセンギャラリー / 東京)
2017  個展「6月の底」( ART TRACE GALLERY / 東京)
2018  布置を描く( ART TRACE GALLERY / 東京)、3331 ART FAIR 2018 ( アーツ千代田3331 / 東京)、SUPER OPEN STUDIO「TELEPORTATION」( アートラボ橋本、STUDIO ISSEI、HAPPY LUCKY STUDIO / 東京、神奈川)
他多数
 
 
山内 賢二 Kenji YAMAUCHI
2005   創形美術学校研究科絵画造形課程修了
 
主な展示
2006/’08  個展 ( SAN-AI GALLERY / 東京 )
2010-’16/’18/’19  個展  ( 藍画廊 / 東京 )
2017  シアトル アートフェア(from:YUKI-SIS) (アメリカ)
2018   ART OSAKA 2018  ( ホテルグランヴィア大阪 )
2019   個展「ウシロマエⅡ」  (ART TRACE GALLERY/東京)
2019   FACETS (ART TRACE GALLERY/東京)、「The Super Dupers ‒ 妄想をカタチに変えたアーティストたち -」 (スパイラル/東京)
他多数