ART TRACE GALLERY

Current Exhibition

①前半(企画展)ー『版でつながる世界ー札幌、メキシコ、さいたま』・②後半(個展)ー『乾と水脈ー海流の果ての地で』

①A  World joined by PrintsーSapporo,Mexico,Saitama
②Dry Soil-Water Vein-,in soil ended up the ocean current

植野 智子 Tomoko Ueno

 

新型コロナウイルス感染拡大の状況によって予定されている情報が変更になる可能性がございます。
ご来場の際にはこちらのサイトや当ギャラリーのSNSにて、直近の情報のご確認をお願いいたします。
また、来廊の際は多人数による密集は避けて、人と対面する際もマスクなど装着を心掛けて頂けますようご協力宜しくお願い致します。

 

この展示は、前半・後半で展示内容が変わります。

①前半
2021年4月9日(金)-2021年4月21日(水)12:00-19:00 4月15日(木)休廊 
April 9 – April 21, 2021 12:00-19:00 closed on April 15

★オープニングレセプション 4月10日(土)  
Opening reception

〈17:00-18:00  サルサシャインワークショップ〉

・定員15名。下記のメールにて事前予約お願いします。
・動きやすい服装、スニーカーでおいでください。
 床がコンクリートのためサルサシューズだと怪我の心配があります。
・缶のドリンクは付きますが、タオル、水分補給に水のペットボトルを各自ご持参ください。

〈18:00-20:00  ワンドリンクパーティー〉

北海道からの作家の来廊は今のところ未定ですが、サルサワークショップの後で簡単なワンディッシュ+缶ドリンクでオープンを行います。
料理を作るにあたり、人数を知りたいのでメールにて事前予約をお願い致します。ギリギリだと間に合いません、6日までに下記のメールアドレスにお名前などをご入力下さいますようお願い致します。
 
予約メールアドレス: momojinoo2019@gmail.com
 

②後半
2021年4月23日(金)-2021年5月5日(水)12:00-19:00 4月28日 (水)休廊
April 23 – May 5, 2021 12:00-19:00 closed on April 28  

★ゲリラ的ダンス表現 閉廊時間頃 日時未定
dance 

よい画像ができたら後日、作家のFacebook( tomoko.ueno.3 )にアップ予定で

 

 

海流の果ての地で

海流の果ての地で(1)/270×200×床90 cm/版画(紙)、楠の枝/2018

 

制作者は縁あって訪れた土地に滞在し、その地で収穫した植物や素材を基に制作しており、またそこの気候、人、自然から深く影響を受け、それらは作品を形作る大切な要素になっている。移動の始まりである高知(雨が多い場所ー水脈)と、乾燥地帯(メキシコ、北海道ー乾)を行き来しながら、そこで出会った経験を拾い上げて、作品は形作られていく。また、ダンスや舞踏表現をしていることは、移動、リトグラフという版画の刷り、陶土を掘る、流木を繋ぐ、という身体を使う制作行為と関連している。今回は収穫した材料で作った立体や平面で構成した空間に、そこを渡る空気、また生まれたり朽ちたりしていく連なりの中のわたしたちの存在のはかなさや命の循環する営みの1片を表現できたら嬉しく思います。 

 

作家略歴

植野 智子/ Tomoko Ueno

埼玉出身。武蔵野美術大学出身、高知県在住1985〜2011
メキシコ自治大学(UNAM)外国人コーススペイン語N2終了
アジェンデ美術学校サマーコース
個展:オーギャラリーup.s(2002~隔年)、ギャラリーAO(神戸)、ロバ屋(新潟)
グループ展:CAF.N展(埼玉近代美術館)、メキシコ埼玉合流展(グアナファト・メキシコ)、
現在進行形野外展(西東京)、日本版画協会展(東京都美術館)
出品:台湾国際版画ビエンナーレ2016(台中)、カダケスミニプリント展(スペイン)、
南島原セミナリヲ現代版画展、日本版画協会展
受賞:西会津国際芸術村美術展 佳作、ライオンズクラブ賞
南島原セミナリヲ現代版画展 朝日新聞社賞、読売新聞社賞、長崎県知事賞