ART TRACE GALLERY

upcoming

遠回りの作法—ミース・オン・ザ・グラウンド

Manner of Detour—Mies on the Ground

HOxRN│小野弘人 x 西尾玲子│Hirohito Ono x Reiko Nishio

 

新型コロナウイルス感染拡大の状況によって予定されている情報が変更になる可能性がございます。
ご来場の際にはこちらのサイトや当ギャラリーのSNSにて、直近の情報のご確認をお願いいたします。
また、来廊の際は多人数による密集は避けて、人と対面する際もマスクなど装着を心掛けて頂けますようご協力宜しくお願い致します。

 

2022年12月23日(金)-2023年1月22日(日) 12:00-19:00 水曜休廊
12月31日(土)ー1月4日(水)まで冬季休業
December 23, 2022 – January 22, 2023 12:00-19:00 closed on Wednesday, December 31, 2022 – January 4, 2023

 

トークイベント 絵画の透明性・建築の透明性
Pictorial Transparency, Architectural Transparency 

古谷利裕(ゲスト)、上田和彦(ゲスト)、HOxRN

第1回 1月9日(月・祝)・第2回 1月21日(土) 各18:00-20:00 各回定員20名(要予約・先着順)
※12月10日(土)より予約フォームにて受付開始。下記リンクからお申し込みください。
予約フォームURL:https://forms.gle/pVWoW76BjYYyUnWr5 (Googleフォーム)

 

 

画家の古谷利裕氏と上田和彦氏をお迎えし、絵画と建築の実践において「虚の透明性」という概念がさらに発展していく可能性について2回にわたって話し合います。「虚の透明性」という言葉は、今もなお影響力あるテキスト「透明性—虚と実」(コーリン・ロウとロバート・スラツキィ, 1963)に由来しています。

Painters Toshihiro Furuya and Kazuhiko Ueda join HOxRN twice to discuss the possibility of further developing the concept of “phenomenal transparency” in the practice of painting and architecture. The term “phenomenal transparency” is derived from the still-influential text “Transparency: Literal and Phenomenal” (Colin Rowe and Robert Slutzky, 1963).

 

 

古谷利裕 / Toshihiro Furuya
https://note.com/furuyatoshihiro/m/mc2ed923be97d
画家・評論家。1967年生まれ。著書『虚構世界はなぜ必要か?: SFアニメ「超」考察』(勁草書房), 『世界へと滲み出す脳』(青土社)など。

 

上田和彦 / Kazuhiko Ueda
画家・評論家。1975年生まれ。著書『風の振る舞い』『観念と抽象』など。最近の展覧会に「翁と雲」展(ART TRACE GALLERY, 2022)。

 

 

photo:Takumi Ota

 
小野と西尾はアートデュオHOxRN(ホーン)を結成し、モダニズムの建築家ミース・ファン・デル・ローエによる高層ビル作品について、その地上面で起きている空間的なことにアートで応答する試みを行いました。これまで建築の領域内で考察してきたことを、別の領域に遠回りして異なる視点で見てみようと思ったことがきっかけです。
 
We, Ono and Nishio, formed an art duo “HOxRN” ([hɔːn]) and attempted to respond with art to the spatial aspects occurring on the ground level of the highrises by Mies van der Rohe, a modernist architect. This project started when we tried to take a detour to another field and review from a different perspective what we had thought in architecture.
 
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団
 

 

作家略歴

小野弘人 / Hirohito Ono
1965 東京都生まれ
1999 Bゼミ Schooling System 修了
2000 建築事務所 atelier nishikata 設立
2022 HO×RN(ホーン)結成

 

西尾玲子 / Reiko Nishio
1967 兵庫県生まれ
2000 建築事務所 atelier nishikata 設立
2002 東京大学大学院修士課程修了(修士論文『建築における「行けない場所」:ミース・ファン・デル・ローエ「バルセロナ・パヴィリオン」考察』)
2017 カナダ ブリティッシュ・コロンビア大学客員研究員(一年)
2022 HO×RN(ホーン)結成

 

関連書籍
『Almost, Not: The Architecture of Atelier Nishikata』Leslie Van Duzer著(ORO Editions, 2021)
『映画空間400選』長島明夫・結城秀勇編集(INAX出版, 2011)

作家WEBサイト
https://www.instagram.com/thehoxrn



中谷真理子個展 ①#1つしかない答えなんかない[大展示室]・②路地裏アートストア [小展示室]

Mariko Nakatani Solo exhibition ①#There is never no one answer [Room A]
                  ②pop up art store [Room B]

中谷 真理子 Mariko Nakatani

 

新型コロナウイルス感染拡大の状況によって予定されている情報が変更になる可能性がございます。
ご来場の際にはこちらのサイトや当ギャラリーのSNSにて、直近の情報のご確認をお願いいたします。
また、来廊の際は多人数による密集は避けて、人と対面する際もマスクなど装着を心掛けて頂けますようご協力宜しくお願い致します。

 

2022年11月22日(火)-2022年12月11日(日) 12:00-19:00 水曜休廊 
November 22 – December 11, 2022 12:00-19:00 closed on Wednesday

 

リモートでギャラリーに行こう! 
11月23日(水) 15時00分頃からLive配信開始予定
また、展示期間中は不定期にLive配信あり。詳細は、作家個人SNS等でお知らせします。

遠方であったり、様々な事情で外出がしづらい方など、リモートで気軽に展示をみに来てみませんか。両国にあるART TRACE GALLERY、”中谷真理子個展”の会場から展示の様子をLive配信します。
プラットホームはTwitter(@marikona4)、Instagram(@marikona.katani)、Facebook(marikonakatani)を予定。詳細は作家個人SNS等でお知らせします。

Go to the gallery remotely! November 23, 2022 15:00-

 

 

中谷展イメージ画像

 

 

[大展示室]#1つしかない答えなんかない
青年期までのライフステージに存在する決められたルート。そこから外れてみたらみつかったパラダイムシフトの種。その種からは何が芽吹いたのだろう。
 学校などで使用された教科書、問題集、テストなどの紙、黒板塗料、制服、古着等を素材とした作品で展開するインスタレーション。

[小展示室]路地裏アートストア -15年後のぼくたちわたしたち-
小学校の卒業アルバムの将来の自分(夢)が書かれたページに、私は「小さなお店」と書いていた。そういえばゴチャッとした雑貨屋さんがずっと好きだった。小さなお店という幼き頃の夢、少しだけ叶えてみよう。小作品、旧作品、DIY小物、グッズなど物販中心のポップアップストア。

 

 

作家略歴

中谷 真理子/ Mariko Nakatani

神奈川県 出身
1992 東京藝術大学美術学部 デザイン科卒業
2009~活動休止
2015~活動再開

【主な近年の展示】

2022.1 Introductionー作家がつくるギャラリー ART TRACE GALLERY/東京都 
2021.11 絵画を考える展 ー紙を想うー 工房親-KoboCHIKA-/東京都 
     DELIRIUM Vol.3 渋谷ヒカリエ/東京都
   .6 The 2nd International Micro Textile Art Exhibition “Scythia”2021/ Ivano-Frankivs’k, Ukraine
2020.11 個展「みんなの孤育て広場」-Let’s release the isolated childcare site- ART TRACE GALLERY/東京都
   .1 take me to your home グループ展 ART TRACE GALLERY/東京都
2019.11「方法と進行」グループ展 ART TRACE GALLERY/東京都 
   .9 No Image 2019 Exhibition出品 CICA美術館/京畿道、韓国
2018.7 MONSTER Exhibition 2018 渋谷ヒカリエ/東京都
2017.4 美術公募団体 アートイマジン芸術小品展 優秀賞 入賞者グループ展/東京都
2016.9 第51回神奈川県美術展 入選/神奈川県
2016.5 美術公募団体 第2回アートイマジン芸術祭2016 選抜展/東京都
2015.6 大野城まどかぴあアートビエンナーレ2015 入選/福岡県