ART TRACE GALLERY

upcoming

Birds Passing

向井 三郎 Saburo MUKAI

 

新型コロナウイルス感染拡大の状況によって予定されている情報が変更になる可能性がございます。
ご来場の際にはこちらのサイトや当ギャラリーのSNSにて、直近の情報のご確認をお願いいたします。
また、来廊の際は多人数による密集は避けて、人と対面する際もマスクなど装着を心掛けて頂けますようご協力宜しくお願い致します。

 

2021年11月12日(金)-11月29日(月) 12:00-19:00 会期中無休
November 12 – November 29, 2021 12:00-19:00 Opens everyday throughout the period

 

 

Birds-Passing

みちゆき / 紙、木炭 / 65×50cm / 2021

 

 

 堤防に立って風景を描く。打ち寄せる波や流れる雲の輝きを見ていると、不意に視界を鳥がよぎる。目は飛翔する姿に惹きつけられるようにその軌跡を追うが、瞬く間に飛び去る姿は描き難い。この数年、繰り返し描いてきた波の動きもそうだった。目を凝らしてなぞっているうちはなかなか捉えられない。上手くいくのは、波の動きが私の内部に生まれる時だ。では鳥は? いつか飛び去る鳥を捉えたい。その時、風景は流れ始めるだろう。飛び去る鳥は風景の化身である。

 

 木炭によるドローイング作品を中心に、銅版画を併せ展示します。

 

 

作家略歴

向井 三郎 / Saburo MUKAI

http://saburomukai.com/
https://www.facebook.com/saburo.mukai.1/

1964 福岡県生まれ

1989 東京藝術大学大学院美術研究科修了

1992〜94 オランダ、ハーグ市に滞在 ハーグ王立造形芸術アカデミィ(モニュメンタル・デザイン)に在籍

 

1980年代より、絵画作品の制作と発表をつづけている。近年は身の回りの風景や人物をモチーフに木炭によるドローイング作品を制作。版画や壁面に直接描画するウォール・ドローイングも手がける。現在、千葉県市川市に在住。

 

主な展示活動 

個展/ 1999〜2020 巷房、2001ギャラリー覚、2013 ギャラリー・チフリグリ(宮城)、2015 nohako、2018 ART TRACE GALLERY、2021 igalleryDC(山梨)                                  

グループ展等/ 1999 横浜ガレリア・ベリーニの丘ギャラリー(神奈川)、2004 O-NE manokurozasu(埼玉)、2008 TIME & STYLE MIDTOWN、2009 キャラバン隊・美術部・なびす画廊、2016 女子美術大学美術館(神奈川)と旧聖カルポーフォロ教会(イタリア)、2018 アートブック[days in a place]出版、2019 ART TRACE GALLERY、2019 千葉県立美術館 、2021 Galerie SOL